エコアクション21地域事務局「銀河」|公式サイト

エコアクション21とは

TOP > エコアクション21とは

「エコアクション21認証・登録制度」は、広範な中小企業、学校、公共機関などに対して、「環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、報告する」ための方法として、環境省が策定した「エコアクション21ガイドライン」に基づく、事業者のための認証・登録制度です。

エコアクション21の特徴

◆中小企業等でも容易に取り組める環境経営システムです
(環境マネジメントシステム)
中小事業者等の環境への取組を促進するとともに、その取組を効果的・効率的に実施するため、国際標準化機構のISO14001規格をベースとしつつ、中小事業者でも取組みやすい環境経営システムのあり方をガイドラインとして規定しています。

◆必要な環境への取組を規定しています (環境パフォーマンス評価)
エコアクション21では、必ず把握すべき項目として、二酸化炭素排出量、廃棄物排出量及び総排水量を規定しています。さらに、必ず取り組んでいただく行動として、省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクル及び節水の取組を規定しています。これらの取組は、環境経営に当たっての必須の要件です。

◆環境コミュニケーションにも取り組んでいただきます(環境報告)
事業者が環境への取組状況等を公表する環境コミュニケーションは、社会のニーズであるとともに、自らの環境活動を推進し、さらには社会からの信頼を得るための必要不可欠の要素となっています。そこで、環境活動レポートの作成と公表を必須の要素として規定しています。

メリット

◆環境経営システムと環境への取組、環境報告の3要素がひとつに統合されたガイドラインであることから、環境への取組を総合的に進めることができ、また比較的容易、かつ効率的に取り組むことができます。

◆エコアクション21を構築・運用することにより、環境への取組の推進だけでなく、経費の削減や生産性・歩留まりの向上、目標管理の徹底等、経営的にも効果をあげることができます。

◆環境活動レポートを作成し、外部に公表することにより、利害関係者(取引先や一般消費者等)に対しての信頼性が向上します。また、大手企業や行政機関が環境への取組や環境経営システムの構築を取引先の条件の一つとする、「サプライチェーンのグリーン化」に対応することができます。

エコアクション21とISO14001の比較

エコアクション21 ISO14001
マネジメント
システム
○簡易なシステムを要求 ×重いシステムを要求
(文書、体制など)
環境 ○環境負荷削減が直接の要求事項
○負荷・対策チェックのシート・リストあり
×環境負荷削減は直接の要求事項ではない
×シート・リストはなし
経済 ○商取引に有利
×国際取引に通用せず
○光熱水費などの削減大○業務効率化による経費削減
○審査、認証登録料安い
○商取引に有利
○国際取引に通用
△光熱水費などの削減小
(負荷削減が要求しないので)
○業務効率化による経費削減
×審査、登録料相当高い
社会 ○環境活動レポートの作成・公表
×現在は認知度が低い
×環境報告書なし
○認知度が高い